T.S.Engineering
株式会社 テイ・エス エンジニアリング
万能材料試験機 段ボール圧縮試験機 データ処理システム 伸び計 特殊材料試験機 古い試験機の改造  BACK

万能試験用データ処理装置

本装置は、引張試験機に付属して使用します。CCDカメラを利用して、標線間伸びを測定するものです。
データ処理と組み合わせることにより、試験力と標線間伸びの曲線から各種データの解析を行うことができます。
・カメラ式伸び計、・引張試験機取付治具(カメラスタンド)、・伸び計対応通常試験モードデータ処理ソフトで
構成されています。

ブロック図 (既設データ処理装置に増設する場合)

主な仕様

試験片JISダンベル試料
試験片の色黒色および白色
カメラ33万画素(640 × 4800) - 202万画素(1600 × 1200)モノクロ
カメラサンプリング50 - 200Hz
レンズ72 deg. (焦点距離6.5mmレンズ、WD=400mm)
50 deg. (焦点距離10mmレンズ、WD=600mm)
上記のどちらにするかは、サンプルによる
WD:レンズ面からサンプルまでの距離
照明LED照明付き
最大伸び1000%
伸び分解能マーカ付き0.016mm -
スタンプ0.16mm -
標線間読取12 - 40mm
PCへの接続USB2.0インターフェイス
PCの必要条件WindowsXp以上のPCでメモリ2GB以上のマシンであること
既設PCの場合、取込速度やメモリなど予めテストする必要あり
従来ソフトと伸び計対応ソフトとの
互換性
無し(ソフト及びデータは新規になります)
キャリブレーションキャリブレーションバーにて行う
注意点万能試験機の裏側とチャックなどによる光反射防止については、
別途検討が必要

取付例

Copyright(C) 2005 T.S.E Co.,Ltd. All Right Reserved.